交換なしのピッキング対策~鍵トラブルの回避~

長期旅行に狙われる!空き巣が活発になる時期とは?

簡単に設置できる補助錠の魅力を紹介

男性作業員

鍵交換以外でも、簡単な取り付けだけで防犯性を高めることが出来ます。ディンプルキーの取り付け以外にどのようなピッキング対策が出来るのでしょうか。ここでは、簡単に対策出来る他、補助錠に注目して見ていきましょう。

プロに聞く!補助錠に関する疑問

ディンプルキー以外にピッキング対策はできますか?
ディンプルキー以外でもピッキング対策はできます。補助錠をとりつけるとワンドアツーロックになり、空き巣犯に狙われにくくなります。ワンドアツーロックとは、ひとつのドアに二つの鍵が付いているということで、侵入に時間をかけたくない空き巣犯はこれを嫌います。このワンドアツーロックは、ピッキング以外のバールやサムターン回しの手口の空き巣犯でも、壊す箇所が2つになるため侵入されにくいです。
玄関に補助錠を取りつけるだけでピッキング対策できるんですか?
補助錠はピッキング対策にとても有効です。しかし、空き巣の侵入口には窓もあります。窓にも補助錠を取り付けることが出来ます。玄関と窓の両方に補助錠を取り付けることでさらに空き巣の侵入箇所を減らすことが出来ます。「ピッキング対策=玄関」ではなく、きちんと窓の防犯性も高めるようにすると空き巣に狙われにくくなります。

補助錠にはこんなメリットもある!

補助錠は外からの侵入者を防ぐだけではありません。違った面で補助錠を取り付けている家庭もあります。自宅で高齢者の介護を行っている場合、認知症のなどで勝手に外を徘徊してしまうことがあります。そのような高齢者の徘徊を防ぐためにも補助錠が役立ちます。高齢者の介護を行っている家庭では防犯と徘徊防止の両方に効果があります。 防犯性を重視する人は、ディンプルキーへの鍵交換に加えて、補助錠を組み合わせると長期の留守でもさらに安心できます。ディンプルキーと補助錠の2つでピッキング対策を行えば、鍵トラブルと空き巣に狙われる可能性はかなり低くなるでしょう。

TOPボタン