鍵トラブルは専門業者に依頼します~ピッキング対策もできます~

長期旅行に狙われる!空き巣が活発になる時期とは?

鍵交換で防犯対策をすることは常識!鍵トラブルを防ごう

男性

住宅の防犯性を高めたい人は、鍵を交換して防犯対策をしましょう。鍵を交換するだけでピッキングを防ぐことができます。

一般住宅の鍵トラブル~ピッキングして自宅に侵入する空き巣~

一般住宅に取り付けられている鍵はシリンダーキーという種類の鍵が多く使用されています。このシリンダーキーは鍵トラブルも多く、空き巣にも入られやすいタイプの鍵です。そのため、このシリンダーキー1つだけでは防犯性が低く、ピッキングによって簡単に侵入されてしまいます。空き巣被害を心配されている人は、防犯性の高い鍵に交換する必要があります。

長期旅行をするならピッキング対策は必須

年末年始やGWに長期旅行する方は注意してください(40代/男性)

空き巣が活発に侵入を試みるのは、住んでいる人たちが長期的に家を留守にするときです。年末年始に故郷に帰ったり、GWに家族で旅行に出かけたりするときには要注意です。楽しい休日を過ごした後に帰宅したら空き巣に遭っていたなんて悲しいことが無いように、長い間留守にするときには対策が必要です。簡単にはいられないようにするために、鍵交換をしてピッキング対策をしましょう。

空き巣が狙われる家~鍵トラブルが多発する家の特徴~

線路沿いの家
空き巣が住宅に侵入するときに、音で気づかれる場合があります。玄関のカギをバールなどで無理やり開けようとしたときなどに出る音を、電車が通過するときの音でかき消すために、線路沿いの住宅を狙う空き巣犯もいます。
観光名所付近の家
観光名所の近くにある住宅の周りには、観光のためにいろんな人がいるため、不審者や不審車両への警戒心が薄れます。その警戒心の薄さをいいことに空き巣犯は、観光客に紛れて侵入しやすい住宅の下見などをして犯行に及びます。
昼間留守になる家
空き巣は犯行前に住宅の下見を行います。そして昼間に留守になる家を見つけると侵入する家の候補にします。昼間に留守にしていてなおかつ防犯性が薄い家はおそらく侵入されるでしょう。また、新しい住宅地なども近所の面識が薄いため、狙われやすいです。
親を同居している家
マイホームを購入したり、建てたりして親と共に生活をしていると、家の中に誰かがいることが当たり前になります。空き巣に狙われにくいかと思うかもしれませんが、物音がしてもあまり気にしなくなります。また、住宅の造りによっては、空き巣犯の隠れる場所が多かったり、侵入箇所が多くなったりします。

上記のような環境に住んでいませんか。もしくは防犯対策を全くしていない家なら、留守にしている間に空き巣に侵入されてしまいます。長期旅行を予定の人や、鍵トラブルが多発する家に住んでいる人は、ピッキング対策を検討しましょう。

鍵トラブルは専門家に相談~すぐにピッキング対策ができる~

自宅の防犯性を高めたいなら、鍵交換で対策出来ます。ピッキング対策を検討するならプロの業者に相談しましょう。

どんな鍵トラブルにも対応してくれますか?
鍵の紛失や鍵が壊れたなどの鍵トラブル以外でも、鍵交換や鍵の複製もすぐに対応します。鍵交換では様々な種類の鍵を用意しているので、希望の鍵を取り付けることが出来ます。ピッキング対策の相談も気軽にしてください。
ピッキング対策の相談だけでも大丈夫ですか?
ピッキング対策の相談だけでも可能です。まずは、無料相談窓口を利用してみてください。24時間年中無休でスタッフが対応してくれるので、いつでも気軽に相談出来ます。時間のある時や、気になったらすぐに電話してください。

防犯対策を行っていないと、いつ空き巣に狙われるかわかりません。すでに目を付けられている可能性もあります。家族で長期の旅行を控えていて、防犯対策を行っていないなら、ピッキング対策などをして防犯性を高めましょう。

TOPボタン